2022シーズンが始まりました!

2022年度 アカガエル産卵前線

2022年シーズン(2021年11月~2022年5月) 

akaMap02

 

 


 

 20220424


 


更新日:2022年4月24日

 前回の更新から2週間経ちました。この間に頂いた情報は5件でした。ご提供頂いた方に感謝申し上げます。このページの図には標高は載せていませんが、現在、産卵が見られる地域は標高の高い場所です。特にヤマアカガエルは山岳地帯にも生息していますので、これから初めて産卵する場所もあると思います。もし、登山中にアカガエルの卵を見つけたら、カエル探偵団までお知らせ頂ければ幸いです。今後は新たな情報が集まり次第更新し、5月末で今シーズンのアカガエル産卵前線を終了する予定です。

更新日:2022年4月10日

 先週からの1週間に届いた情報は静岡県からニホンアカガエル1件とヤマアカガエル2件、奈良県からニホンアカガエル1件の合計4件でした。いずれの情報も2月や3月の過去のものですが、地図の点が増えるという意味ではたいへんありがたい情報です。送っていただいた方に感謝いたします。地図を見ていただくと、空白の県が幾つかあります。もし、それらの地域の情報をお持ちの方がおいでになりましたら、是非、カエル探偵団までご連絡いただければ幸いです。次回の更新は2週間後の4月24日を予定しています。

更新日:2022年4月3日

 4月に入ったというのに寒い日が続いています。アカガエルの産卵も最終盤になって停滞しているのかも知れません。この1週間で頂いた情報は5件でした。ヤマアカガエルの情報はありませんでしたが、ニホンアカガエルは埼玉県、栃木県、宮城県から、エゾアカガエルは帯広市から産卵情報が届きました。さて、このページの更新は4月末まで続ける予定です。アカガエルの産卵情報をお持ちの方は、是非、カエル探偵団までお知らせください。よろしくお願いいたします。

更新日:2022年3月27日

 3月最後の更新です。この1週間に7件の産卵情報を頂きました。ご提供いただいた皆さんに感謝申し上げます。さて、先週3月23日に北海道函館市でエゾアカガエルが産卵したとの情報が届きました。ついにアカガエル産卵前線が終着地の北海道上陸です。また、今日、宮城県仙台市からヤマアカガエルとニホンアカガエルの産卵情報が届きました。北関東で停滞していたニホンアカガエルの前線も東北地方に達しました。前線は北海道まで到達しましたが、まだ、アカガエルの産卵は続いています。引き続き、皆さんからの情報をお待ちしています。

更新日:2022年3月21日

 ちょっと作業に手間取って、0時を回ってしまい、21日月曜日の更新になってしまいました。さて、この1週間に7件の産卵情報を頂きました。ご提供いただいた皆さんに感謝申し上げます。先週、ヤマアカガエルの産卵前線が秋田県に到達したとお伝えしましたが、今週はついに北限の青森県から産卵報告が届きました。これでヤマアカガエルの産卵前線は終点です。この他、福島県からも産卵の報告が届きましたので、東北地方の各地でヤマアカガエルの産卵が本格化したと思われます。一方、ニホンアカガエルの前線も新潟県上越市まで北上しました。カエル探偵団では皆さんからの情報をお待ちしています。過去の情報でも構いませんので、アカガエルの卵塊を見つけたらカエル探偵団までご一報をお願いします。

更新日:2022年3月13日

 この1週間に11件の産卵情報を頂きました。ご提供いただいた皆さんに感謝申し上げます。このところ急に暖かくなり、前線も活発化しているのでしょう。前回、新潟県まで伸びたばかりのヤマアカガエルの前線ですが、3月12日に秋田県男鹿市から産卵情報が届き、いきなり本種の分布北限(青森県)の1つ手前まで到達しました。ニホンアカガエルの前線も栃木県日光市まで北上しました。この冬は寒かったですが、いよいよアカガエル産卵前線も終盤戦に突入です。ただ、まだ確認されていない地域もたくさんあります。過去の記録で構いませんので、アカガエルの卵塊の情報をカエル探偵団までお寄せ頂ければ幸いです。

更新日:2022年3月6日

 3月になりました。この1週間に寄せられた新たな産卵情報は8件でした。情報を提供いただいた皆さんに感謝申し上げます。さて、今回の注目点は、ニホンアカガエルの産卵が山陰地方(島根県と鳥取県)で確認されたことと、ヤマアカガエルの産卵が北陸地方(石川県や新潟県)で確認されたことでしょうか。雪深い地域でもアカガエルの産卵が始まったようです。詳細はテキスト版をご覧下さい。前線が東北地方に北上するのも間もなくだと思われます。お近くでアカガエルの卵塊を見かけたら、カエル探偵団までご連絡をお願いいたします。

更新日:2022年2月27日

 2月最後の更新です。この1週間で10件の新しい情報が届きました。ご協力いただいた皆様に感謝申し上げます。

 ニホンアカガエルの情報は、大阪府、滋賀県、八丈島(移入個体群)、千葉県、栃木県から届きました。現在の北限は栃木市です。一方、ヤマアカガエルの情報は、茨城県、埼玉県、栃木県から届きました。現在の北限は栃木県佐野市です。ニホンアカガエルもヤマアカガエルも北限が北関東に達しましたので、東北地方での産卵も間もなくだと思います。お近くでアカガエルが産卵したらカエル探偵団までご一報いただければ幸いです。

更新日:2022年2月20日

 2月も下旬に差し掛かりました。アカガエル産卵前線も後半戦なのですが、今シーズンは、寒波の影響で、各地で産卵が遅れがちです。それでもこの1週間で、15件の産卵情報が寄せられました。残念ながらニホンアカガエル、ヤマアカガエルとも前線は北上しませんでしたが、各地で産卵が活発になってきたようです。雨も降りましたので、これから急速に前線が北上すると思います。お近くでアカガエルの卵塊を見かけたら、カエル探偵団までご一報をお願いいたします。

更新日:2022年2月14日

 前回お伝えしたように1日遅れの更新です。この1週間で7件の新しい産卵情報が届きました。少し古い情報もありますが、2月に入っての情報も5件ありました。注目は、東京都で初めてとなるヤマアカガエルの産卵が多摩市で確認されたことでしょう。確認日が今日(2月14日)とのことですから、日曜日に降った雨がきっかけとなったのだろうと思います。この他、ニホンアカガエルの産卵前線の北限が茨城県ひたちなか市まで北上しました。例年、ヤマアカガエルの北限の方が先なのですが、今年はニホンアカガエルが先行しています。
 各地でアカガエルの産卵が遅れているようですが、もう2月半ばですので、これからは一雨ごとに産卵が始まると思われます。お近くでアカガエルの産卵を見かけたらカエル探偵団までご一報下さい。

更新日:2022年2月6日

 2月最初の更新です。1月31日からの1週間に届いた産卵情報は、ニホンアカガエル3件、ヤマアカガエル2件の合わせて5件でした。目立った特徴としては、茨城県鉾田市でのニホンアカガエル産卵でしょうか。これでアカガエル産卵前線の北限は茨城県になりました。普通は寒さに強いヤマアカガエルの産卵場所が北限になるのですが、今年は少し違うようです。
 昨シーズンは、2月6日時点でニホンアカガエル17件、ヤマアカガエル20件、合計37件の産卵情報が届いていました。今シーズンは、今日までに届いた情報は、ニホンアカガエル10件、ヤマアカガエル12件です。情報が後から届くこともありますので、もう少し待たないと正確ではありませんが、今シーズンは、どちらの種の産卵も遅れているようです。
 カエルの産卵は、気温と降水の両方に左右されます。産卵情報が少ないのは、寒さのせいだけでなく、少雨も関係しているかも知れません。お近くでアカガエルの卵塊を見かけたらカエル探偵団までご一報をお願いいたします。なお、次回の更新は2月14日(月)を予定しています。

更新日:2022年1月30日

 1月最後の更新です。この1週間で6件の新しい情報が届きました。
少し遡った情報になりますが、昨年12月25日に静岡県伊東市でヤマアカガエルの卵塊1個が確認されました。この場所ではその後も卵塊が増えているそうです。伊豆半島は温暖ですが、年末に産卵が始まっていたとは驚きです。この他、1月9日に島根県出雲市、1月24日に兵庫県豊岡市でヤマアカガエルの産卵がありました。寒いと思われがちな山陰地方でも1月中にアカガエルの産卵が始まるのですね。
 寒い日が続きますが、2月に入れば、一雨ごとに産卵が見られると思われます。皆さんのお近くでアカガエルが産卵したらカエル探偵団までご一報をお願いしたします。

更新日:2022年1月23日

 残念ながら先週の日曜日(1月16日)から今日までの間に新しい産卵情報は届きませんでした。今シーズンは少し寒いためなのかも知れません。今週に期待したいと思います。

更新日:2022年1月16日

 1月に入って2回目の更新です。この1週間に届いた情報は、ニホンアカガエル1件、ヤマアカガエル4件でした。県レベルでの初産卵として、山口県でニホンアカガエル、熊本県、高知県、埼玉県でヤマアカガエルの産卵が確認されました。前線の北限が一気に関東地方になりましたが、今回報告のあった埼玉県入間市の生息地は、毎年かなり早い場所なので、関東地方のアカガエル産卵が本格的に始まったとはまだ断言できません。もう少し周辺の地域からの情報を待ちたいと思います。お近くでアカガエルの卵塊を発見したら、是非、カエル探偵団までご一報いただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

更新日:2022年1月9日

 遅ればせながら、あけましておめでとうございます。今年もアカガエル産卵前線をよろしくお願いいたします。
 昨年の最後の更新(12月30日)以降、2件の新しい産卵情報が届きました。いずれもニホンアカガエルの産卵で、場所は長崎県長崎市(12月30日)、福岡県北九州市(1月4日)でした。今年は少し寒い冬のような気がするのですが、アカガエルの産卵は遅れてはいないようです。今後も順調に北上するのでしょうか。
 これまで不定期で更新してきましたが、これからは、原則、日曜日に更新いたします。事情により遅れることもあることをご了承下さい。では、皆さんからのアカガエル産卵をお待ちしております。

更新日:2021年12月30日

 12月23日に更新したばかりなのですが、重要な産卵情報が複数届いたため、再度更新することにしました。
 まずは、リュウキュウアカガエルの産卵情報です。昨日(12月29日)、一般の方から12月28日にやんばるで卵塊を複数発見したとの連絡がありました。更に今日(12月30日)、カエル探偵団員から12月10日に初産卵を確認との連絡がありました。どちらもやんばるですが、標高が多少異なるため、産卵時期が多少ずれたのだと思います。報告がほぼ同じでしたので、テキスト版には両方記録することにしました。
 次にヤマアカガエルとニホンアカガエルにも大きな動きがありました。12月25日に和歌山県でヤマアカガエル、12月30日に静岡県でニホンアカガエルの産卵がそれぞれ観察されました。これによって、まだ2022年になっていないのに、産卵前線はいっきに本州中部地方まで到達してしまいました。
 数年一度という寒波が来ていて、この冬は寒いというイメージだったのですが、どうやらアカガエルにとってはそれほどでもないようです。
 地球温暖化で全体の気温が上がっていることが影響しているのかも知れません。皆さんのお近くのアカガエルも案外早く産卵するかも知れません。もし、アカガエルの卵を見つけたらカエル探偵団までご連絡いただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

更新日:2021年12月23日

 年内早くも2回目の更新です。12月23日に愛媛県の大洲市と西予市でヤマアカガエルの産卵が始まりました。熊本市と同様、ここも昨年の産卵は遅かったのですが、今年はほぼ例年並みに戻りました。
 これまでのところ、今シーズンのニホンアカガエルとヤマアカガエルの産卵前線は共に順調に北上しているようです。シーズンの最初は情報が届き次、第随時更新します。
 皆さんのお近くで、アカガエルが産卵したら、カエル探偵団まで、是非、ご連絡ください。よろしくお願いいたします。

更新日:2021年12月19日

 アカガエル産卵前線早くも九州上陸です!
12月18日、熊本市でニホンアカガエルの卵塊発見の一報が届きました。卵塊数は3です。16日から17日にかけて降った雨で産卵した模様です。今は寒波が来ていますが、その前は比較的暖かい日が続いていましたので、雨が降るのを待っていたのでしょう。熊本市でのニホンアカガエルの産卵は、去年12月31日でしたが、2019年、2018年は12月19日でしたので、例年並みと言えそうです。
 さあ、いよいよアカガエル産卵前線も本格化していきます。九州、四国は年内に産卵が始まる可能性があります。アカガエルの卵塊を発見したら、是非、カエル探偵団までご一報いただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

更新日:2021年11月15日

 今シーズンの全国アカガエル産卵前線、いよいよスタートです! 11月13日に奄美大島でアマミアカガエルの初産卵が確認されました。12月に入るとリュウキュウアカガエルやニホンアカガエルなども産卵すると思います。皆さんのお近くでアカガエルが産卵したら是非カエル探偵団までお知らせ下さい。よろしくお願いいたします。


 

カエル探偵団では皆さんからの情報をお待ちしております。 お近くでアカガエルが産卵したら是非カエル探偵団までご一報いただければ幸です。(詳しくはこちらから)ご協力をお願いいたします。なお、地図では距離が近すぎてマークが重なる 場所は省略されています。 詳しくお知りになりたい方、産卵前線を文字データで情報をご覧になりたい方、地名をお知りになりたい方はテキスト版をご利用下さい。