始まりました!!

2019年度 アカガエル産卵前線

2019年シーズン(2018年11月~2019年5月) 

akaMap02

 

 


 

 20190210


 


更新日:2019年2月10日

 前回の更新で、近畿中部地方の情報がないとお伝えしましたが、この1週間でたくさんの情報が届きました。情報をお寄せ頂いた一般の方と団員の皆さんに感謝申し上げます。
 さて、やはり1月31日の雨がトリガーとなったようで、2月最初の1週間で各地でアカガエルの産卵がありました。まず、ニホンアカガエルの北限は新潟県上越市で変化ありませんでしたが、空白地域だった愛知県、三重県、岐阜県、石川県、千葉県で産卵が始まりました。特に愛知県豊田市では1月22日に産卵したそうですので、ニホンアカガエルの産卵前線は1月中に中部地方まで達していたようです。一方、ヤマアカガエルの前線には大きな動きがあり、北限が新潟県新潟市まで達しました。ニホンアカガエルと同様にやや飛び地になっています。この他、新たにヤマアカガエルの産卵が確認された地域は、広島県、奈良県、静岡県、東京都、埼玉県でした。概ねニホンアカガエルもヤマアカガエルも南関東までの地域では産卵が始まったようです。これからは、北関東、東北地方に前線が延びて行きます。それらの地域にお住まいの皆さん、アカガエルの卵塊を見つけたらカエル探偵団までご一報をお願いいたします。

更新日:2019年2月3日

 2月最初の更新です。この1週間でカエル探偵団に届いた情報は8件でした。情報を提供頂いた皆様にお礼申し上げます。今シーズンは、記録的な小雨のために前線は停滞気味でしたが、1月31日にまとまった雨が降ったため、大きな動きがありました。まず、ニホンアカガエルがいきなり新潟県上越市で産卵しました。情報提供者によると、この辺りは降雪の少ない場所だそうです。同時に姫路市や宇部市でもニホンアカガエルの産卵が確認されました。前線図を見て頂くと分かるのですが、ニホンアカガエルは中四国までの広い範囲で産卵が確認されていますが、近畿中部からの報告はありません。上越市は完全に孤立しています。一方、今回ヤマアカガエルの産卵が埼玉県入間市や横浜市で確認されましたが、ニホンアカガエルと同様に近畿中部からの情報はありませんでした。要するにヤマアカガエルもニホンアカガエルも近畿中部が空白になっているのです。この理由は、探偵団の情報収集不足によるものなのか、実際に近畿中部ではまだ産卵が見られないのか、どちらなのでしょうか。もし、近畿地方や中部地方でアカガエルの卵塊を見つけたよ、という方がいらっしゃいましたら、是非、カエル探偵団にご一報頂ければ幸いです。

更新日:2019年1月27日

 少し前線が動き始めたようです。この1週間に頂いたアカガエル産卵情報は9件でした。ご提供頂いた方にお礼申し上げます。まず、ニホンアカガエルですが、福岡県北九州市、広島県東広島市、岡山県玉野市で産卵が確認されました。人によって持ち込まれた個体群ですが、八丈島でも産卵があったようです。ヤマアカガエルの方は、今シーズン初めて日本海側に進出しました。島根県出雲市からの報告です。この他、福岡県北九州市と香川県東さぬき市でも新たに産卵がありました。1月も下旬になりましたので、これからはかなり急速に前線が北上するかも知れません。お近くでアカガエルが産卵したら是非カエル探偵団までご連絡をお願いいたします。

更新日:2019年1月20日

 先週同様アカガエル産卵前線は停滞気味です。この1週間での報告は3件、愛媛県東温市、同県西予市、高知県宿毛市から、何れもヤマアカガエルの産卵でした。前線の出だしが早かったので、ここまで停滞するとは予想できませんでした。太平洋側では比較的暖かい日が続いています。それなのにアカガエルの産卵が見られないのは、雨が少ないからでしょう。雨が降って地面が濡れないとカエルは産卵場所に移動できないのです。この渇水がどこまで続くか分かりませんが、まとまった降雨があれば一気に前線が活発化するのではないかと思われます。雨が降ったらお近くの田んぼや池に出かけてみて下さい。

更新日:2019年1月13日

 雨が降らないせいでしょうか。アカガエル産卵前線は年明けから停滞したままです。この1週間で報告のあったのは1件だけ、千葉県君津市からヤマアカガエルの産卵の報告でした。ただし、見つかったのは1卵塊のみで、発見者の方もフライング気味ではないかというコメントがありました。暖かい房総半島でもまだ、本格的な産卵は始まっていないようです。

更新日:2019年1月6日

 あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。さて、この年末年始にかけてはアカガエル産卵前線もお休みモードで、寄せられた情報は3件のみでした。愛媛県西条市でヤマアカガエルの産卵が、長崎市でヤマアカガエルとニホンアカガエルの両方の産卵が、それぞれ確認されました。ニホンアカガエルの前線は九州に留まったままですし、ヤマアカガエルの方もあまり北上していませんが、それほど強い寒波は来ていませんので、1月中にかなり北上すると予想されます。お近くでアカガエルが産卵したら、是非、カエル探偵団までご連絡をお願いいたします。

更新日:2018年12月29日

 12月に入って3回目の更新です。こんなに次々と情報が届くとは思いませんでした。24日に宮崎市でニホンアカガエルが産卵しました。26日に愛媛県大洲市、28日に愛媛県喜多郡内子町と大分市でヤマアカガエルの産卵も確認されました。これらの地域は去年も報告を頂いていますが、大洲市は去年と同じ日、内子町は7日早くなっています。宮崎市は17日も早い産卵でした。大分市に至っては21日も早くなっています。観察のタイミングにもよりますので、単純な比較はできませんが、印象としては今シーズンはアカガエルの産卵が例年以上に早そうです。皆さんのお近くでも普段よりかなり早く産卵するかも知れません。卵塊を見つけたら、是非、カエル探偵団にご一報下さい。

更新日:2018年12月25日

 前回の更新で、そろそろヤマアカガエルの産卵もありそうと書きましたが、それからわずか3日で、ヤマアカガエルの初産卵の報告が届きました。和歌山県日高郡のビオトープで卵塊が3個見つかったそうです。ここはいつも報告頂いく場所ですが、去年より2日早い産卵です。さあ、これでヤマアカガエルの産卵前線もスタートですね。皆さんのお近くでアカガエルが産卵したら是非カエル探偵団までご一報をお願いいたします。

更新日:2018年12月22日

 アカガエル産卵前線が九州に上陸しました。12月19日、熊本市からニホンアカガエルの産卵情報が届きました。市内の自然公園の池で産みたての卵塊が5つ見つかったそうです。昨年度は12月26日のヤマアカガエル(四国と紀伊半島)でスタートでしたが、今年はニホンアカガエルが最初となりました。おそらくヤマアカガエルの産卵も間もなくだと思われます。西日本の暖かい沿岸にお住まいの皆さん、お近くでアカガエルが産卵したら是非カエル探偵団までご一報下さい。

更新日:2018年11月26日

 お待たせしました。ようやく今シーズンのアカガエル産卵前線が始まりました。いつものように奄美大島からアマミアカガエル産卵の一報です。初産卵があったのは11月1日だそうです。ちょっと遅くなりましたが、それでも一番乗りには変わりません。12月に入るとリュウキュウアカガエルやニホンアカガエルなども産卵を始めると思います。お近くでアカガエルが産卵したら是非カエル探偵団までお知らせ下さい。皆さんからのご報告をお待ちしています。



 

 

カエル探偵団では皆さんからの情報をお待ちしております。 お近くでアカガエルが産卵したら是非カエル探偵団までご一報いただければ幸です。(詳しくはこちらから)ご協力をお願いいたします。なお、地図では距離が近すぎてマークが重なる 場所は省略されています。 詳しくお知りになりたい方、産卵前線を文字データで情報をご覧になりたい方、地名をお知りになりたい方はテキスト版をご利用下さい。