始まりました!

2020年度 アカガエル産卵前線

2020年シーズン(2019年11月~2020年5月) 

akaMap02

 

 


 

 20200412


 


更新日:2020年4月12日

 4月2回目の更新です。この1週間で届いた情報は栃木県日光市のヤマアカガエル1件だけでした。日光市からは、2月26日にニホンアカガエルが産卵したとの報告が入っているのですが、今回ヤマアカガエルが産卵した場所は湯ノ湖近くとのことで、かなり標高が高い場所です。寒い所ではまだアカガエルの産卵が見られるようです。
 さて、今回、過去の更新で情報漏れが見つかりましたので、追加しました。2月9日福岡県北九州市のニホンアカガエルの産卵です。情報提供者にお詫び致します。この他にも抜けがあるかも知れません。過去にご報告頂いた方はご自分のデータがあるかご確認下さい。
 ここまで毎週の更新をしてきましたが、新しい情報もほとんどなくなってきましたので、今後は不定期に5月30日まで更新を続けたいと思います。今シーズンまだ1件も情報がない県は、鹿児島県、宮崎県、長崎県、三重県、滋賀県、福井県、富山県、長野県、群馬県、岩手県です。何か情報をお持ちの方はカエル探偵団までご一報をお願いいたします。
 各地でコロナウイルス感染が広がっていますが、皆様くれぐれもご自愛下さい。

更新日:2020年4月5日

 4月に入りました。コロナウイルスの感染拡大で日常生活もままならない状態が続いています。皆さんもご自愛頂きたいと思います。外出自粛の影響ではないと思いますが、この1週間で新たな情報はありませんでした。もちろん、カエル探偵団には各地からアカガエルの産卵情報は届いているのですが、県や郡レベルでは新しい情報ではなかったので、webには載せられませんでした。ただ、これまで抜けていたリュウキュウアカガエルの産卵情報が届きましたので、掲載しました。今シーズンのリュウキュウアカガエルの初産卵は11月22日頃でした。これは長年調査をしている研究者でさえ驚くほど早い産卵だったようです。温暖化は日本列島のどこでも影響を与えているのかも知れません。

さて、アカガエル産卵前線はまだ空白県もありますので、地図をご覧になり、空いているところの情報をお持ちの方は是非カエル探偵団までご一報をお願いいたします。

更新日:2020年3月29日

 3月最後の更新です。来週は4月なのですが、今日、首都圏では時ならぬ大雪に見舞われました。アカガエルのオタマジャクシもさぞ驚いたことでしょう。
 さて、この1週間に届いた新しい情報は4件と少なかったのですが、そのうち3件がエゾアカガエルの産卵情報でした。3月18日に函館市、3月28日に帯広市、29日に札幌市で産卵しました。今シーズンはどこも産卵が早かったのですが、産卵前線の北海道上陸は昨年シーズンより6日遅れになりました。これで昨年11月から始まった今シーズンのアカガエル産卵前線も終着点に到達です。ご協力頂いた皆様に感謝申し上げます。
 ただ、まだ空白の地域が残っていますので、5月くらいまで更新は続けたいと思います。古い情報でも結構ですので、アカガエルの産卵情報をお持ちでしたらカエル探偵団までご連絡をお願いいたします。

更新日:2020年3月22日

 3月も後半に入りました。本州のアカガエル産卵前線も終盤です。この一週間で6件の新しい産卵場所が届きました。情報を頂いた皆さんに感謝いたします。今回はニホンアカの前線もヤマアカの前線も北上しませんでしたが、ヤマアカガエルは空白だった岡山県と山形県から情報が届きました。まだまだ空白県がたくさんあります。情報をお持ちの方は是非カエル探偵団にお知らせをお願いいたします。

更新日:2020年3月15日

 この一週間で寄せられた新しい情報は7件でした。今回、ヤマアカガエルの産卵前線には大きな変化はありませんでしたが、ニホンアカガエルの方は仙台市まで北上しました。ニホンアカガエルは青森県には分布しないと言われていますから、残すは山形県、秋田県、岩手県の情報です。ただ、空白県も残っていますので、そちらの情報も必要です。カエル探偵団では皆様からの情報をお待ちしております。

更新日:2020年3月8日

 3月最初の週は6件の情報が寄せられました。情報を頂いた皆さんに感謝申し上げます。今回、秋田県からヤマアカガエルの産卵情報が届きましたので、東北地方で未確認は山形県と岩手県となりました。ニホンアカガエルは、新潟県上越市しから産卵の情報がありました。日光市から少しだけ北上したことになります。そろそろアカガエル産卵前線も終盤です。皆様からの情報をお待ちしております。

更新日:2020年3月1日

 3月に入りました。この1週間で一般の方からの報告を含め、9件の新しい産卵地の情報が寄せられました。情報を頂いた皆さんに感謝申し上げます。  いつもなら、3月に入ったので東北地方で産卵が始まりますと書く頃なのですが、今シーズンはすでに2月14日に青森県でヤマアカガエルの産卵が確認されています。そして、この一週間で青森県からもう1カ所(弘前市)と宮城県や福島県などからもヤマアカガエルの産卵情報が寄せられました。もうヤマアカガエル産卵前線は東北地方に達したと判断して間違いないようです。一方、ニホンアカガエルはヤマアカガエルよりも寒さに弱いので、まだ東北地方から産卵情報は届いていません。しかし、今回、日光市から産卵の一報が入りましたので、東北地方で産卵するのも直ぐだと思われます。 本州ではこれから標高の高い地域や雪解けが始まる地域でアカガエルの産卵が見られると思います。お近くでアカガエルの卵塊を見つけたら、カエル探偵団までご一報をお願いいたします。

更新日:2020年2月23日

 この1週間で一般の方からの報告を含め、12件の新しい産卵地の情報が寄せられました。情報を頂いた皆さんに感謝申し上げます。

 今回は、何と言っても青森県のヤマアカガエル産卵情報でしょう。カエル探偵団では1998年からアカガエル産卵前線を報告していますが、2月中に青森県でアカガエルが産卵したのは初めてです。今シーズンの前線がいかに速いかが分かる情報です。ただ、青森県以外の東北地方からはまだ報告はありませんので、青森県の報告は飛び地的な事例かも知れません。今後の情報を待ちたいと思います。カエル探偵団では皆様からのアカガエル産卵情報をお待ちしております。お近くでアカガエルの卵塊を見つけたら、是非、カエル探偵団までご一報下さい。よろしくお願いいたします。

更新日:2020年2月16日

 産卵前線は少し停滞気味のようで、この1週間で寄せられた新しい産卵地報告は5件でした。何れも空白地を埋める情報で、前線自体は北上しませんでした。2月に入っても温暖で雨も多いのですが、さすがに関東以北をどんどん北上するという訳にはいかないのでしょう。ただ、関東以西では山間地などでも産卵が始まると思います。まだ空白県もあります。どこでも結構ですので、お近くでアカガエルが産卵したら是非カエル探偵団までご一報をお願いいたします。

更新日:2020年2月9日

 暖かかった先々週と一転して、寒さが戻った先週はアカガエル産卵前線もやや停滞したようです。皆さんから頂いた新規情報は7件でした。情報提供をありがとうございました。実は7件のうち、2月3日以降の情報は東京都調布市のニホンアカガエルの産卵だけで、残りは先々週までの追加となります。その中でも注目は、石川県七尾市から届いたニホンアカガエルの産卵情報です。現時点でニホンアカガエル産卵の北限になります。カエル探偵団では皆さんからのアカガエル産卵情報をお待ちしております。お近くでアカガエルが産卵したら是非カエル探偵団までご一報をお願いいたします。

更新日:2020年2月2日

 2月最初の更新です。この1週間で一般の方と団員合わせて19件の情報提供がありました。ご協力頂いた皆さんに感謝申し上げます。今シーズンは年明け早々から暖かいだけでなく雨量も多いというカエルにとっては産卵に適した条件になっています。そのため凄い勢いで前線が北上しています。ニホンアカガエルの北限は1月30日に茨城県ひたちなか市まで、ヤマアカガエルの北限は2月1日に新潟県新潟市まで到達しました。内陸でも各地で産卵が始まっています。例年、関東までは比較的産卵が早くても東北地方はなかなか産卵が始まらないことも多いのですが、さあ、今シーズンはどうなるでしょうか。カエル探偵団では皆様からのアカガエル産卵情報をお待ちしています。お近くでアカガエルが産卵したら是非カエル探偵団までお知らせ下さい。よろしくお願いいたします。

更新日:2020年1月27日

 日曜日に更新するつもりが少し遅れてしまいました。期待されていた方にはお詫びいたします。さて、この1週間で、前線に大きな動きがありました。ヤマアカガエル、ニホンアカガエルともに各地から続々と産卵報告が届きました。情報を提供頂いた皆さんに感謝申し上げます。
 ニホンアカガエルの産卵北限は一気に茨城県土浦市になりました。1月中に北関東に達したのは初めてではないかと思います。その他、中国地方や東海地方の報告が相次ぎ、南関東までは産卵開始エリアになったようです。ヤマアカガエルの北限は石川県で変化ありませんでしたが、埼玉県飯能市など関東の内陸部で産卵が確認されています。どちらのアカガエルも昨年と比較してかなり早い産卵になっている地域が多いようです。今週は雨が続くようですので、更に産卵場所が増えるかも知れません。アカガエルが産卵したら、是非、アカガエル産卵前線に情報をお寄せ頂きますようお願いいたします。

更新日:2020年1月19日

 この1週間で6件の情報が届きました。情報をお寄せ頂いた皆様に感謝申し上げます。今回、ニホンアカガエルの前線には変化はなかったのですが、ヤマアカガエルの前線は大きく北上しました。驚いたことに島根県と石川県からヤマアカガエルの産卵報告が届いたのです。この冬、日本海側はスキー場が困るほどの雪不足が続いているという報道がありますから、その影響がカエルの産卵にも現れているのかも知れません。この他、横浜市でもヤマアカガエルが産卵しました。温暖な地域ではいつヤマアカガエルの産卵があってもおかしくないと思いますが、不思議なことに近畿中国東海からはほとんど報告がありません。もし、アカガエルの卵を見つけたら是非カエル探偵団までご連絡いただければ幸いです。

更新日:2020年1月12日

 新年2回目の更新です。この1週間でヤマアカガエルの産卵情報2件が寄せられました。その内1件は房総半島からでしたので、産卵前線としては、大きく東に移動したことになります。ただ、報告のあった場所は温暖な房総半島の中でも特に早く産卵する場所の1つです。昨年度も1月11日に産卵が確認されています。おそらく関東地方の本格的な産卵はまだ少し先だと思われます。

 今シーズンは寒波が少なく暖かい日が続いています。今後、まとまった雨が降ると、各地で一気にアカガエルの産卵が始まるかも知れません。是非、お近くの田んぼなどに出かけていただき、アカガエルの卵塊を見つけたら、カエル探偵団までご一報をお願いできれば幸いです。

更新日:2020年1月5日

 あけましておめでとうございます。今年もアカガエル産卵前線をよろしくお願いいたします。年末から年始に掛けてアカガエル産卵前線はあまり動きはありませんでしたが、新たに和歌山県から2件の情報が届きました。1件はヤマアカガエル、もう1件はニホンアカガエルかヤマアカガエルのどちらかですが、種名まで分からなかったとのことでした。昨年度は1月に前線が大きく北上しました。今年はどうなるでしょうか。皆様からの情報をお待ちいたしております。なお、次回の更新は1月15日頃を予定しています。

更新日:2019年12月29日

 前回から5日経っての更新です。12月28日に愛媛県東温市と大分県大分市でヤマアカガエルが産卵しました。情報を頂いた方に感謝申し上げます。大分市は昨年とまったく同じ日、東温市は5日早くなっています。昨年度とほぼ同じペースで前線が進んでいるようです。ただ、年末年始に掛けて寒波がやって来るようなので、どうなるでしょうか。お近くでアカガエルの卵塊を見つけたら、是非、カエル探偵団までご一報をお願いいたします。

更新日:2019年12月26日

 12月24日に愛媛県西予市でヤマアカガエルが産卵しました。昨年度も場所は和歌山県でしたが、12月24日にヤマアカガエルの初産卵が確認されています。ここまで昨年度とまったく同じペースでアカガエル産卵前線が進んでいます。ちなみに昨年度は大晦日までに産卵が確認された県は、熊本、宮崎、大分、長崎、愛媛、和歌山でした。今年はどうなるでしょうか。お近くでアカガエルの卵塊を見つけたら、是非、カエル探偵団までご一報をお願いいたします。

更新日:2019年12月21日

 アカガエル産卵前線が九州に上陸しました。12月19日に熊本市内でニホンアカガエルの産卵が確認されました。卵塊の数は62個だったそうです。この場所での初産卵日は昨年度も12月19日でした。例年、九州や四国の一部では12月の産卵が確認されています。その辺りにお住まいの方は、雨が降ったら田んぼや湿地などをご確認下さい。もし、アカガエルの卵が見つかったら、是非、カエル探偵団までご一報をお願いいたします。

更新日:2019年11月15日

 今年度も始まりました。先ずは奄美大島からアマミアカガエル産卵の一報です。初産卵があったのは11月7日だそうです。昨年度より1週間遅い産卵です

が、誤差の範囲ですね。12月に入るとリュウキュウアカガエルやニホンアカガエルなどの産卵が始まります。お近くでアカガエルが産卵したら是非カエル探偵団までお知らせ下さい。皆さんからのご報告をお待ちしています。



 

 

カエル探偵団では皆さんからの情報をお待ちしております。 お近くでアカガエルが産卵したら是非カエル探偵団までご一報いただければ幸です。(詳しくはこちらから)ご協力をお願いいたします。なお、地図では距離が近すぎてマークが重なる 場所は省略されています。 詳しくお知りになりたい方、産卵前線を文字データで情報をご覧になりたい方、地名をお知りになりたい方はテキスト版をご利用下さい。