オキナワアオガエル 

アオガエル科 アオガエル属 Rhacophorus viridis viridis (Hallowell, 1861)

 

okinawaaogaeru01

オス、沖縄県沖縄島

 
卵 ・ オタマ    鳴 き 声    文献 ・ 資料     写 真  

  オキナワアオガエルの沖縄産基亜種で、体はあまり大きくなく、体表面はかなり滑らかです。シュレーゲルアオガエルに近縁と考えられています。
雰囲気はシュレーゲルアオガエルを大きくした感じです。すべての指に大きな吸盤、指間にはみずかきを持ちます。背中の皮膚はなめらかです。体色は緑色で、モリアオガエルのように斑紋が出る個体はいないようです。

分布

 沖縄本島

生態

 アマミアオガエルとほぼ同じです。低地から山地までふつうに見られ、水田や湿原周辺の森林に生息します。 

生息場所

 山地や平野の森林に生息します。比較的人家に近い場所にもいます。

繁殖

12月下旬から7月にかけて、水田や水たまりの周辺、湿地の地面や草むら、溝、池の岸で繁殖します。雌は直径10-13cm程度の白い泡状の卵塊を産みます。

大きさ・色

 成体の大きさは、雄で41-54mm(平均44mm)、雌で52-68mm(平均57mm)です。
卵の大きさは2.2mmほどで、黒色素をもたず、全体がクリーム色です。幼生は成長すると全長40mm以上に達します。

保全情報

  • -

各県のレッドデータと保全情報

各県のレッドリストカテゴリーは、制定当時の環境省カテゴリーと同等の場合はそのままのカテゴリー名で書いています。
○はその県に生息している、---は生息していないことを示します。
*は、県独自カテゴリーを示します。

    カテゴリ   その他
沖縄県    

ハペ文化

地方名

-

ハペ文化

-

その他

-

 

文献・資料

書籍

  • 佐々木健志・山城照久・村山望, 2016, 生態写真と鳴き声で知る沖縄のカエル全20種, 新星出版株式会社, 沖縄
  • 松井正文, 2016, ネイチャーウォッチングガイドブック日本のカエル, 誠文堂新光社, 東京
  • 関慎太郎, 2016, 野外観察のための日本産両生類図鑑, 緑書房, 東京
  • 内山りゅう・前田憲男・沼田研児・関慎太郎, 2002, 決定版日本の爬虫両生類, 平凡社, 東京
  • 前田憲男・松井正文, 1999, 改訂版日本カエル図鑑, 文一総合出版, 東京

学術論文

著者, 発行年, 論文タイトル, ジャーナル名, 巻号, ページ

原記載(1861年)

  • Hallowell, E. 1861 "1860". Report upon the Reptilia of the North Pacific Exploring Expedition, under command of Capt. John Rogers, U.S. N. Proceedings of the Academy of Natural Sciences of Philadelphia 12: 480–510.

最新記載(1966年)

  • Okada, Y. 1966. Fauna Japonica. Anura (Amphibia).  Tokyo: Biogeographical Society of Japan.

ウェブ・メディアなど

  • ウェブ名称など, URL
  • 新聞など媒体名, 発行年月日, 記事見出し, (URL)

その他

  • その他