カエル類データベースについて

 外来種を含めて日本には46種のカエルが知られています。このデータベースでは、亜種も含めた日本産カエル類全種の分布や生態に関する情報を集め、誰でも自由に閲覧できるようにしています。
 多くの人に理解してもらえるように、なるべく平昜な表現で記述しました。分類学的には不適切あるいは不十分な書き方の部分があるかも知れませんが、趣旨をご理解いただきご容赦いただきたいと思います。
 今後は従来の図鑑類では載っていない様々な情報を加えてデータベース化していくつもりです。内容を充実させるためには皆さんがお持ちの情報が必要です。載せてかまわない情報(写真や鳴き声も含みます)がありましたら、ぜひお寄せください。また、記載されている内容や表現などに誤りを発見された方はご指摘いただければ幸いです。

 

データの項目について

  • 記載:基本的な記述。
  • 写真:できるだけ野外で撮影された生態写真。
  • 分布:現在確認されている分布域。
  • 生態:現状で分かっているその種の生活史などについて。
  • 生息場所:その種が生息しているハビタット(生息域)の特徴など。
  • 繁殖:繁殖行動や繁殖場所など
  • 大きさ・色:体の大きさや体色。
  • 保全情報:保全に関する情報。国や地方自治体での保護状況やレッドデータのランク。
  • ハペ文化: 
  • その他:上記以外のコメント。
  • 卵・オタマジャクシ:卵やオタマジャクシの写真
  • 鳴き声:雄の鳴き声(音が出ます)。
  • 文献・資料:その種の関する分類・分布・生態・行動などの資料のリスト。

主要参考書

前田憲男・松井正文、1999、改訂版日本産カエル図鑑、文一出版。

日本で出版されている極めて優れたカエルの図鑑です。専門家にとっては必読書です。

資料提供のお願い

埋まっていない項目について情報をお持ちの方は是非ご協力ください。お礼は差し上げられませんが、提供いただいた情報、写真や音声には提供者のクレジットを入れcopy rightを付けます。
・データベース内のカエルの鳴き声は前田さんにご提供いただきました。

無断転載禁止

データベース内のすべての文章、写真、音声の著作権は、カエル探偵団と情報提供者にあります。他のメディアや商業物への流用・転用は禁止いたします。