モリアオガエル 

アオガエル科 アオガエル属 Rhacophorus arboreus (Okada et Kawano, 1924)

 

moriaogaeru01

オス、静岡県

moriaogaeru02

メス、栃木県

 
卵 ・ オタマ    鳴 き 声    文献 ・ 資料     写 真  

  木の上に白い泡上の卵を産むことで非常に有名です。天然記念物とされている地方もあります。シュレーゲルアオガエルに似るが、体はずっと大型で、鳴き声もまったく異なります。
すべての指に大きな吸盤、指間にはみずかきを持ちます。幼体は同じ地域に棲むシュレーゲルアオガエルに似ていますが、本種の方が、背の皮膚はざらつき、目の虹彩が赤みがかることで、区別できることがあります。

分布

 本州と佐渡島、どちらかというと日本海側に多く生息します。

生態

 完全な樹上で、繁殖期以外はほとんど地上に降りることはあまりありません。海岸近くの低地から標高2000m以上の高地まで分布しますが、一般に山地に多く、森林に生息します。おもに小昆虫類を食べます。

生息場所

 森林の林床部、草地、人家やその周辺など、広い範囲に生息します。 

繁殖

 5月から7月にかけて池や沼、地域によっては水田などで繁殖します。雄は池に迫り出した木の上や水面で鳴いて雌を呼びます。雄を背負った雌は直径十数cmの白い泡状の卵塊を水際の樹木の枝や岸辺の草などに付着させるようにして産みます。泡巣を造る際に1ひきの雌に数匹の雄がしがみつくことがあります。

大きさ・色

 成体の大きさは、雄で42-60mm(平均57mm)、雌で59-82mm(平均72mm)です。体色は緑色ですが、地域によっては背面や手足に黒色や暗褐色の不規則な模様を持つ個体もいます。
卵の大きさは2.6mmほどで、幼生は成長するとは全長51mmほどに達します
 

保全情報

  • -

各県のレッドデータと保全情報

各県のレッドリストカテゴリーは、制定当時の環境省カテゴリーと同等の場合はそのままのカテゴリー名で書いています。
○はその県に生息している、---は生息していないことを示します。
*は、県独自カテゴリーを示します。

    カテゴリ   その他
北海道    ---  
青森県    ○  
岩手県    -(2001) → ランクD*(2014)   *Cに準ずる種 
宮城県    ○  
秋田県    ○  
山形県    準絶滅危惧(2013)  
福島県    希少種*(2003) → 絶滅のおそれのある地域個体群(阿武隈高地)(2011)   *
茨城県    ---  
栃木県    要注目種*(2004) → 要注目種*(2011)  
群馬県    準絶滅危惧(2002) → 準絶滅危惧(2012)  
埼玉県    絶滅のおそれのある地域個体群(2002) → 絶滅のおそれのある地域個体群(2008)  
千葉県    絶滅危惧II類(2006) → 絶滅危惧II類(2011)  
東京都(区部)    ---  
東京都(北多摩)    準絶滅危惧(2010)  
東京都(南多摩)    準絶滅危惧(2010)  
東京都(西多摩)    準絶滅危惧(2010)  
神奈川県    希少種*(1995) → 要注意種*(2006)  
新潟県    準絶滅危惧(2001) → 準絶滅危惧(2016)  
富山県    ○  
石川県    ○  
福井県    ○  
山梨県    ○  
長野県    準絶滅危惧(2004) → 準絶滅危惧(2015)  
岐阜県    -(2001) → 情報不足(2009)  
静岡県    準絶滅危惧(2004)  
愛知県    準絶滅危惧(2009) → 準絶滅危惧(2015)  
三重県    ○  
滋賀県    要注目種(2005) → 情報不足(2010)  
京都府    -(2002) → 要注目種 衣笠山個体群(2013)  
大阪府    ○  
兵庫県    絶滅危惧II類(2003)  
奈良県    絶滅寸前種*(2006) → 絶滅寸前種*(2016)  
和歌山県    準絶滅危惧(2001) → 準絶滅危惧(2012)  
鳥取県    ○  
島根県    準絶滅危惧(2004) → 準絶滅危惧(2014)  
岡山県    -(2003) → 絶滅危惧II類(2009)  
広島県    ○  
山口県    準絶滅危惧(2002)  
徳島県    ---  
香川県    ---   
愛媛県    ---   
高知県    ---   
福岡県    ---   
佐賀県    ---   
長崎県    ---   
熊本県    ---   
大分県    ---   
宮崎県    ---   
鹿児島県    ---  
沖縄県    ---  

ハペ文化

地方名

-

ハペ文化

-

その他

-

 

文献・資料

書籍

  • 松井正文, 2016, ネイチャーウォッチングガイドブック日本のカエル, 誠文堂新光社, 東京
  • 関慎太郎, 2016, 野外観察のための日本産両生類図鑑, 緑書房, 東京
  • 内山りゅう・前田憲男・沼田研児・関慎太郎, 2002, 決定版日本の爬虫両生類, 平凡社, 東京
  • 前田憲男・松井正文, 1999, 改訂版日本カエル図鑑, 文一総合出版, 東京

学術論文

著者, 発行年, 論文タイトル, ジャーナル名, 巻号, ページ

原記載(1924年)

  • Okada, Y., and U. Kawano. 1924. [On the ecological distribution of two new varieties of Rhacophorus in Japan]. Dōbutsugaku zasshi/ Zoological Magazine. Tokyo 36: 104–109, 144–153.

最新記載(1987年)

  • Dubois, A. 1987 "1986". Miscellanea taxinomica batrachologica (I). Alytes. Paris 5: 7–95.

ウェブ・メディアなど

  • ウェブ名称など, URL
  • 新聞など媒体名, 発行年月日, 記事見出し, (URL)

その他

  • その他