akaichiban2021

2021年度のアカガエル前線は "アカガエル一番乗り!the 4th"

2021年度もやります!アカガエル産卵前線ランキング。4年目なのでその名も「アカガエル一番乗り!the 4th」。各都道府県(以下、県)で最初の産卵情報を探偵団に報告した団員に『一番乗り!賞』をお贈りします。

「一番乗り」や種類に限らず、期間中に多くの産卵情報を報告された団員には、報告数上位3名の方に『最多報告賞』をお贈りします。

(注:この企画は団員専用です。是非この機会にご入団ください。)

 

いつもどおりの産卵報告もお待ちしております。県で一番最初の産卵ではなくても、アカガエルの産卵を見かけましたら、ぜひアカガエル産卵前線へご報告下さい。

2021年度のルール

  • 「アカガエルの種類・見つけた日・見つけた場所」を探偵団メーリングリスト(frogML)に報告して下さい。
  • ランキングに参加できるのは団員のみです。期間中に入団した方はその時点から参加できます。
  • 〆切は2021/5/31です。この日までに、frogMLまたは担当者に送られたデータベースに登録可能な情報を有効とします。
  • 一番乗り賞:「一番乗り!」に該当する各県での最初の報告はfrogMLの通し番号の早い順番で判断します。 同一の県でも種が異なる、または同種でも観察した県が異なれば、最初の報告者に賞品をお贈りします。
    (例)
    団員Aさん:埼玉県でニホンアカガエルとヤマアカガエルの初報告→賞を2つ
    団員Bさん:神奈川県でニホンアカガエルの初報告、千葉県でニホンアカガエルの初報告→賞を2つ
  • 最多報告賞:frogMLへ報告された産卵情報(報告メール)の合計数が最多の報告者が対象となります。
    。同じ県または同じ種でも、市・郡といった大きな自治体の範囲が異なれば有効なカウントとします。

メーリングリストへの代理投稿について

ご自身で観察した卵塊情報ではなく、他の誰か(他の団員または非団員)から聞いた産卵情報をMLにて報告していただく場合を「代理投稿」としています。代理投稿ではランキングへの参加資格が異なり、以下のルールとなります。(代理投稿の場合、「一番乗り賞」などの受賞に該当しない場合がありますのでご注意ください!)

  情報提供者 MLへの報告者 アカガエル産卵前線ランキング参加資格
1   自分以外の団員   自分   MLへの報告者
2   (アカガエル前線担当者以外の)団員   アカガエル前線担当者   情報提供者 ※1
3   団員以外
  自分   なし

※1 アカガエル前線担当者が知り合いなどから聞いた情報を報告した場合、受賞資格は情報を提供していただいた方となります。(アカガエル前線の担当者宛てに報告メールを送られた場合、担当者がMLへ投稿しますがその場合とは異なります)

2021年シーズンのアカガエル前線開始までもう少し

アカガエル卵塊の見分け方

  • 卵塊を見つけた場所で見分ける
      ●リュウキュウアカガエル--- 沖縄県沖縄島、久米島
      ●アマミアカガエル--- 鹿児島県奄美大島、徳之島、加計呂麻島
      ●エゾアカガエル--- 北海道
      ●ツシマアカガエルとチョウセンヤマアカガエル--- どちらも長崎県対馬
      →ツシマアカの卵塊は、チョウセンヤマアカに比べてかなり小さめです。

  • ニホンアカガエル・ヤマアカガエル
      どちらも本州・四国・九州に分布し同所的に生息していることが多いです。また全く同じ場所に産卵することもあります。そのため卵塊を見分けるのが難しい場合があります。そんな時は...
  • 場所で見分ける
      ●佐渡島にいるのはヤマアカです
      ●青森県、山梨県、長野県にはニホンアカは生息していません。  
      ●一般的に、ヤマアカの方が山地や標高の高い場所にいます。
  • 親を探す
      ●卵塊を見つけた水場の近くを探してみましょう。水の中や岸、水底や堆積物、卵塊の下などにいることがあります。
      ●繁殖活動はだいたい夜間に行われますが、夕方や早朝、または活動が最も活発な時期には昼間でも繁殖している現場を見られることがあります。
  • 近所の人に聞いてみる
      ●公園や観察センター、観察しに来た人に聞いてみると教えてくれることもあります。
  • 卵塊を触ってみる  
      ●産卵1〜3日後くらいの十分に吸水した卵塊がおすすめです。産卵から1週間以上経って卵の発生がかなり進んでしまうと、卵塊のゼリーがボロボロになったり汚れたりするので、卵塊での区別はしにくいです。
      ●ニホンアカガエルの卵塊は、手や網ですくった時、形があまり崩れにくいです。ヤマアカはでろんと流れ落ちるように形が崩れます。
      ●手で触った時、手に何かぬるっとしたものが残るような感じがすると、だいたいヤマアカガエルです。
  • オタマジャクシの違い
      ●背中に2つ点のような模様があるものは、ニホンアカガエルです。ただし、この点がないニホンアカガエルのオタマジャクシも普通にいます。